富士急ハイランドに真夏に行く時に乗りたいものがあります。ビシャビシャに濡れることができる乗り物です。

富士急ハイランドへ行こう!
富士急ハイランドへ行こう!

富士急ハイランドで真夏に気持ちよさそうな乗り物

このエントリーをはてなブックマークに追加

真夏に行くところといえばプールや海があります。冷たい水がありますから、熱く火照った体を冷ますことができます。子どもにせがまれていくのですが、実は大人も少し水に浸かりたいと思うのです。夏になるとそれぐらい暑くなります。夏の場合、雨が降ったとしてもその後に晴れればすぐに服も乾いてしまいます。でも秋や冬などになると服が濡れてしまうと乾きにくいです。きちんと水に濡れないための対策をしないといけません。

プールではなくて、遊園地の富士急ハイランドに行くことになりました。季節は真夏で気温は35度近くになっています。うだるような暑さの中涼しそうなアトラクションがあったので乗ることになりました。まずはジェットコースターのように上がっていきます。最高到達点に達するとちょうど正面に富士山が見えます。程なく曲がってそしてその先が見えなくなっていました。恐らく落下するのでしょう。思い切り落下した時にスカッとすることができるのです。ちょうど池のようになっていて、沢山の水しぶきが体を覆います。状態としてはずぶ濡れ、ビシャビシャの状態になります。夏ですからすぐに乾くでしょう。カメラなどを持つときは防水対策が必須になります。防水カメラなら問題ありません。